FAN VOICEファンからの声

ピアニスト Aisa Ijiri 氏

ピアニスト Aisa Ijiri さん

VOL. 02

美とは、心の輝き。

Aisa Ijiriさんは、日本人として最年少でスタインウェイアーティストに認定され、現在はロンドン在住のピアニスト。イギリスでもウェブマガジン「WE BELIEVE IN BEAUTY」で特集を組まれるなど、音楽のみならず美の伝道師としても活躍されています。今回はそんなAisaさんに「美の秘訣」をうかがってきました。


「美」に関しての秘訣というより、これはもう少し実用的な習慣なのですが、ピアニストなので手はいつも大切にしています。私が住んでいるヨーロッパ (特に北欧)は空気がものすごく乾燥し、私の長い髪は朝起きてブラシするだけで、パチパチと静電気の音を立てるほどです。寝る前にしっとり感を保つトリートメント・セラムを髪全体にしみこませたり、また手と足全体には、ヨーロッパのピアニストはほぼみんな愛用しているNorwegian Formula Hand Creamを塗ってべったりとした手足で休むようにしています。手袋をして寝ればもっと効果的なのでしょうが、開放的に休みたいタイプなので一度試してみたのですが無理でした (笑)…

ボディーローションやフェイスケアは、空港で新製品を試したり、その時の気分でいろいろなブランドを試して購入しトライしているというのが正直なところですが、愛用している香水の一つであるCHANEL “Coco Mademoiselle” の香りがお気に入りで、ボティーローションはここ数年間、CHANEL “Coco Mademoiselle”。Face Washは泡立て式のもの、またコラーゲンたっぷりのDay Cream/Night Creamを使っています。メイクには少しこだわりがあり、ファンデーションとパウダー、まつ毛のセラムとマスカラはDior、アイシャドウとリップスグロスはCHANEL、アイライナーはKATEの超極細漆黒ブラック、チークはBOBBI BROWNが、今の自分のスタイルを作り出せる 「美」のコンビネーションです。香水は、CHANEL, Dior,BurberryそしてCREEDを愛用していて、靴と服、アクセサリと、アイシャドウの色、そして香水のチョイスの組み合わせを考えるのが、朝の小さな楽しみです。

極度のストレスと時差ボケと旅が続く音楽家生活、全身と心の一番のトニックは、3歳からずっと続けている水泳です。かつては競泳選手でメダルのための厳しい2時間のトレーニングを、ピアノの練習後にしていたので、リラックスどころではない水泳だったのですが、今こうしてデトックスのために泳ぐ時間は贅沢なひと時。どんなに心痛いことや、悩みやストレスがあっても、思いっきりバタフライをして、イルカのようになって自由奔放に泳ぎ、その後10分サウナでストレッチ、そのあとの冷えた炭酸水が美味しいこと!そして何より、すべてのもやもやが消えて翼が生えたように、体も心も軽くなるその感覚は最高です。こういう精神的なデトックスをできる武器を持っていることの大切さ、芸術家として生きるようになり本当にしみじみと感じています。子供だった私には分からなかった、両親からの素敵なプレゼントの一つだったのだなと、大人になって気が付きました。また、一週間に一回はBath Saltやオイルも入れて、ふわふわのバブルお風呂を準備、キャンドルで少しロマンチックな光に包まれながら、フェイスパックをして目を閉じ、バッハを聴いています。これもまた、欠かせないデトックスタイム!


ロンドンに引っ越ししてからの12年、ヘアサロンでTRESemméをトライしてからは、シャンプー、コンディショナー、ヘアパック、ヒートプロテクション、ともにTRESemméだったのですが、『My Honey Remedy』と出会ってからは、『My Honey Remedy』のシャンプーとコンディショナーを愛用しています。まず、自然な甘さと温かさがギュッと凝縮された香りが素敵!ヨーロッパの乾いた空気と北欧の硬水でも、柔らかくしっかりと泡立つシャンプー、毛先までとろ~りと優しくコーティングしてくれるコンディショナーは大好きです。

食べ物は、和食、フランス、イタリア、スペイン、北欧、レバノン、インド、タイ、中華料理・・・美味しいお食事は素直に美味しくなんでもいただくタイプなのですが、基本的に気が付けばシーフードとお野菜中心のダイエットです。朝ご飯は習慣的にとっているものがあります。日本にいるときには、納豆、炊き立てのほかほかご飯に梅干、母の手作りお味噌汁。スウェーデンでは、フィルミョルク Filmjölk (健康食品として知られているスウェーデンにしか存在しない、ミルクとヨーグルトの間のようなもの) に、ドライフルーツやグラノーラをかける。ロンドンでは、平日はギリシャのヨーグルトにミューズリー、ドライフルーツにMy Honeyのナッツのはちみつ漬けをとろりとのせていただき、週末のブランチでは、少しいたずらにも… ポーチドエッグと炒めたアスパラガスにクロワッサンとフルーツサラダ!朝のコーヒーも欠かせません。また、ケールとフルーツたっぷりのスムージーや、水分補給にも心掛けています。大好きなフレンチワインとチーズ・・・これは、芸術家への「美」のご褒美というところですね (笑)。

『美』とは、心の小宇宙から輝きを放つ光だと思っています。感動の余韻を大切に、夢に向かって前を見つめ、どんな時でも「感謝の心・愛情・笑顔」をもって前進!その姿勢が、毎日の『美』を導いてくれるのではないかと思っています。

Written by
Aisa Ijiri
コンサートピアニスト、スタインウェイアーティスト
http://aisaijiri.com/

SHARE ON

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

VOL. 06

小顔はつくれる

小顔大使 村長さん(中野裕二さん)

VOL. 05

ヨガで学んだ「自分を好きになること」

タレント 花田美恵子さん

VOL. 04

ナチュラルオーガニックで自由な生き方を

HASUNA代表 白木夏子さん

トラストバンク 須永珠代 氏

VOL. 01

正しい習慣で、きれいにエイジングを重ねたい。

トラストバンク 須永珠代 さん

BACK TO LIST