FAN VOICEファンからの声

トラストバンク 須永珠代 氏

トラストバンク 須永珠代 さん

VOL. 01

正しい習慣で、きれいにエイジングを重ねたい。

須永珠代さんは、ふるさと納税を日本で大ブームにした仕掛け人。全国の地方創生を大きく後押しした功績が認められ、2015年に日経ウーマンオブザイヤー大賞を受賞されるなど、いまいちばん忙しい女性経営者のひとりです。今回はそんな須永さんに、多忙な毎日のなかでも気を付けておられる「美の秘訣」をうかがってきました。


毎朝、起きぬけに各地方のミネラルウォーターを飲むのが習慣になっています。最近ではその日の体調や気分などに応じて、味や成分の違いにもとづいて、飲み分けることもできるようになってきました(笑)。たとえば水分が不足しているなと感じた日には、やわらかい軟水を。お肌の調子などミネラルが足りないなと思った日には、カリウムやカルシウムを多く含む硬水を選ぶなど、けっこう楽しいですよ。

また朝食時には、食塩無添加の北海道産のトマトジュースを飲んでいますね、トマトは昔から医者いらず的な食べ物と言われています。実は赤い色のものが体によいと聞いたことがあって、それ以来、トマト以外にもビーツや赤カブを買ってきて調理をしたりしています。お味噌汁に入れると、赤い色にはなりますが、元気になれるというイメージもあってすごく美味しく感じます。

また週2回ほどにはなりますが。食パンにバターと黒ゴマペーストを塗って、その上からはちみつをかけて食べています。はちみつはけっこう好きで、その健康・美容効果もインターネットで調べたことがあります。コーヒーや紅茶を飲みすぎたなと思ったときや空腹のとき、仕事の合間などで糖分をとりたいなと感じたときに、コーヒーや紅茶の中にあえて砂糖ではなく、はちみつを入れて飲んでいます。使い切りそうになったはちみつの容器の中に、しょうがを買ってきて自分で漬け込んで、好きなときに食べるのもけっこうおすすめです。

あと、大豆製品ですね。女性の強い味方であるイソフラボンが多く含まれているということで。これは昔から食べていて、特に納豆と豆乳です。カフェに行ってコーヒーを飲むときも、牛乳を豆乳に変えて注文したりします。少しでも、美味しく大豆製品を続けられるよう気を付けています。

美容ということで言えば、髪が若い頃から細いのが悩みで、ボリューム感がなく、ペタッとなってしまいます。だから少しでも髪に良いものをということで、ノンシリコンとかいろいろ試してきていますが、それもキシキシしたりとか、あまり良い効果を実感できていませんでした。


最近出会ったMY HONEY REMEDYのシャンプーは、使うたびに髪に少しずつコシが出て来ているのを感じます。さらに、ペチャンコになってしまいやすい髪全体のボリューム感についても、このシャンプーを使うと根元から立ってくる感覚があるので、すごく気に入っています。このシャンプーはノンシリコンなのに、洗い上がりもしっとり潤っていて、キシキシしない。不思議ですね。香りも、よくあるはちみつの香りっぽいものを想像していたけど、実際には中性的な香りで、個人的にすごく好きな香りでした。そんなふうに香りにギャップがあるところも、すごくこだわっておられるなと感動しました。

あと、パナソニックのナノケアシリーズにはまっていて、お風呂に入る前と上がったあとにスチーマーをするようにしています。特に、お風呂に入る前にスチーマーを顔にかけることによって、肌に負担をかけずにお化粧を落とすことができるそうです。健康と美容には、1回だけエステに行ったりするというよりも、やはり毎日の習慣というものが大切だと思っていますので、日々のメイク落としが少しでも肌に負担のかかることのないよう、こういった製品の助けを借りるのがすごく大事なんじゃないかなと思っています。

これからも、さまざまな試行錯誤をしながら、正しい習慣を身につけて、きれいなエイジングを重ねていきたいと思っています。

Written by
須永 珠代(すなが たまよ)
株式会社トラストバンク 代表取締役
https://www.furusato-tax.jp/

SHARE ON

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

VOL. 06

小顔はつくれる

小顔大使 村長さん(中野裕二さん)

VOL. 05

ヨガで学んだ「自分を好きになること」

タレント 花田美恵子さん

VOL. 04

ナチュラルオーガニックで自由な生き方を

HASUNA代表 白木夏子さん

ピアニスト Aisa Ijiri 氏

VOL. 02

美とは、心の輝き。

ピアニスト Aisa Ijiri さん

BACK TO LIST